はつかわ歯科 矯正歯科クリニック

ご予約は:048-749-1864キッズスペースと個室完備! / さいたま市緑区美園6-9-19

審美歯科 セラミックなどの白い人工歯での美しさを求める治療Information


機能性と審美性を備えた審美歯科治療

審美歯科とは、一般的な健康保険での治療の目的「必要最小限の機能を修復させる」ではでなく、「見た目の美しさを重視した治療」が目的です。

はつかわ歯科・矯正歯科クリニックでは、これに基づいた単に歯を白くキレイにするだけでなく、歯の色・形・艶などの美しさを考えながら歯や歯ぐき・噛み合わせの機能を回復する「審美治療」も提供しています。

セラミックなどを使って白く美しくする治療は多くの医院で行っていますが、「美しさとともに機能性も必要」と考えます。セラミックやハイブリッド(複合素材)などを使用しながら、お口全体のバランスを考えながら機能性も兼ね備えた審美治療を提供します。

たとえば、オールセラミックは金属アレルギーの防止に効果がありますし、メタルボンド歯は丈夫で長く使っても変色しません。ゴールドは適合性に優れ天然歯と近い硬さで対合歯(噛み合う歯)を傷めません。

これらの治療は、ほとんどが健康保険外の治療(自費治療)となりますので、治療を希望される患者さんのご意見をしっかりとお聞きしながら治療を進めていきます。


ハイブリッド歯 ゴールド歯 保険の銀歯
【ハイブリッド歯/ゴールド歯/保険の銀歯】


オールセラミック歯を使った症例のご紹介

オールセラミックは、金属をいっさい使っていないので、保険の前装冠のように隙間から金属が見えることがなく、天然歯とほとんど見分けがつかないのが特徴です。

下の症例は「治療後」なのですが、どの部分がオールセラミックで治したか解りますか?(画像をクリックすると正解が出ます)このように天然歯と見分けがつかない状態にオールセラミックはに仕上がります!


治療後→治療前
【マウスを画像に載せると治療後→治療前に画像が変わります】


審美治療の費用について

保険適用外の治療が多い審美治療で最も気になるのは費用です。歯は人それぞれ状態が違いますが、審美歯科では各人に最適な治療を選択します。
そのため、費用も人それぞれ症状や素材によって多少異なってきます。治療を検討している方は医院でご相談ください。



人工歯の主な種類

オールセラミック  オールセラミック(クラウン・冠・被せ物)
オールセラミック冠は強度を保つため、内冠に金属の代わりに人工ダイヤモンドであるジルコニアを使用し、外側にセラミック(陶器)を焼き付けて作られているクラウン(被せ物)です。
自然な光を透過するので非常に見た目が良いのが特徴で、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心です。変色などの経年劣化がなく、生体に優しいクラウンで、クラウンの中で最高級と言えます。


メタルボンド  メタルボンド(クラウン・冠・被せ物)
内冠は金属で外から見える部分にのみセラミック(陶器)を焼き付けたクラウン(被せ物)です。
オールセラミックが製品化される一昔前までは一番良い歯でした。しかし、強度は一番なのでブリッジなどで使われます。


オールジルコニア  オールジルコニア(クラウン・冠・被せ物/インレー・詰め物)
オールセラミック冠の内冠に使用されるジルコニアで作られています。

色調はオールセラミックほど良くありませんが、近年、だいぶ改善されてきています。
強度は充分なので奥歯には適していると思います。


e.max  e.max(クラウン・冠・被せ物/インレー・詰め物)
e.max(イーマックス)は、世界最先端のセラミック素材で出来た最新素材です。
突出した強度をもつと同時に、高い審美性を兼ね備えていることが特徴の素材です。
ジルコニアよりは強度が下がりますが、透明感があり、審美性に優れます。


ハイブリッド  ハイブリッド(クラウン・冠・被せ物/インレー・詰め物)
セラミック(陶器)とレジンレジン(プラスチック・樹脂)を混ぜた材料で作られたクラウン(被せ物、差し歯)やインレー(詰め物)です。
セラミックよりも柔らかいため、咬む相手の歯への負担は小さくなるというメリットはありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。


ゴールド  ゴールド(クラウン・冠・被せ物/インレー・詰め物)
「金合金」や「白金加金」などの貴金属を使用したクラウン(被せ物・差し歯)やインレー(詰めもの)です。
金属なので見た目に問題はありますが、適合が良く金属もほとんど錆びることはありません。
白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなります。


ラミネートベニア  ラミネートベニア
ラミネートベニアは歯の表面を0.5mmほど削って、セラミック製の板(ベニア)を強力な接着剤で貼り付ける方法です。
ラミネートの種類も透明感のあるものから色調の濃い光の透過性の低いものまでいろいろあります。
歯の表面を薄く削りますが外側のエナメル質の部分を残すことができ、ダメージも最小限ですむ治療法です。


比較:保険の白い歯(レジン)  比較:保険の白い歯(レジン)(クラウン・冠・被せ物)
内冠は金属(金銀パラジウム合金など)で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウン(被せ物・差し歯)です。
保険で前歯のクラウンを作る場合には、ほとんどの場合この硬質レジン前装冠になります。
保険適応なので治療費が安いというメリットがありますが、この「レジン」というのはいわゆる「プラスチック」なので、時間が経つと段々変色してくるというデメリットがあります。


比較:保険の銀歯  比較:保険の銀歯(クラウン・冠・被せ物)
保険では「金銀パラジウム合金」と「ニッケルクロム合金」の2種類が、クラウンに使用できる保険適応の金属として指定されています。
保険でクラウン(被せ物・差し歯)やインレー(詰めもの)を作る場合には、基本的に前から6番目以降の歯はすべてこの金属冠(銀歯)になります。