はつかわ歯科 矯正歯科クリニック

ご予約は:048-749-1864キッズスペースと個室完備! / さいたま市緑区美園6-9-19

歯髄細胞バンク~IPS細胞を利用した治療Information

イメージ ノーベル生理学・医学賞でも話題になった「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」のための、大切な皆様の基本の細胞が、歯科の“歯髄”から採取でき、これを「歯髄バンク」として保管できるようになりました。

皆さんも周知のように、医療の技術は再生医療に注目が浴びておりますが、歯の神経細胞(歯髄)による再生医療の実用化が可能となったのです。
iPS細胞は、生体の一部分から成長済みの細胞を取り出し、体の組織や臓器に成長する前の未熟な段階に戻す(細胞の初期化)ことにより、あらゆる細胞に作り変える可能性をもたらします。

お子さんの乳歯・親知らず・矯正治療前の歯の抜歯時に“歯髄”のなかの幹細胞を取り出して凍結保存しておくことにより、将来良質なiPS細胞を作れることも可能になり、広範囲の再生医療に応用されることが期待されています。

詳しくは、右記をクリックしてご覧下さい。  再生医療推進機構の専門サイト

イメージ 生活習慣病や万が一の怪我などが発生する将来の自分のために、ご自身の細胞として安全に保管するシステムです。
歯髄の細胞は、皮膚等の他の臓器細胞と比較して体を傷つけることが少なく、比較的容易であり将来を見据えた医療保険として優れた細胞なのでiPS細胞を作るに適しています。
はつかわ歯科・矯正歯科クリニックでは、再生医療認定医院として登録されておりますので、歯髄バンクにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。



iPS細胞の治療のながれ(抜粋)