はつかわ歯科 矯正歯科クリニック

ご予約は:048-749-1864キッズスペースと個室完備! / さいたま市緑区美園6-9-19

歯周病治療Information


歯周病は感染症、人から人に伝染します!

歯周病は感染症の一種で、「歯周病菌が歯肉(歯茎)や歯槽骨(歯を支えている骨)を破壊してしまう」などのように進行することで、歯を失う最も多い原因です。

歯に付着するプラークは食べ物の成分である糖分やデンプンと混ざり酸を作り出し、歯ぐきの腫れや痛みを引き起こし、次第に歯から歯ぐきが剥がれていくと、歯と歯ぐきの間には歯周ポケット(隙間)ができます。

この歯周ポケットにプラークが蓄積し、次なるダメージを歯周組織に与え最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

一般的に、歯の表面に付着するプラークは歯磨きにより取り除くことができますが、ご自宅での歯磨きの場合どうしても磨き残しができてしまい、それが歯周ポケット発生の原因となります。




歯周病は、歯科医院でのしっかりとした治療とケア(PMTC=歯ぐきなどの専門的なクリーニング)が基本です、そしてご家庭でも「歯周病なんだ」という自覚もと、毎日のご自宅での適切なブラッシングケアを必要とします。

しかし、歯周病が進行してしまった場合には、医院で歯ぐきの下の歯石などを徹底して取り除く「スケーリング・ルートプレーニング(SRP)」などの治療で、症状の改善を図っていきます。

なお、中度から重度の歯周病となり、歯周ポケットが改善せずにプラークコントロールが十分にできない場合は「外科的治療法」などにより、奥に入り込んだ歯石を除去します。



歯周病の治療をしているのに改善が遅いと感じられる方へ!

歯周病の治療をしているのに歯周病がなかなか治らない…という経験はありませんか?

歯周病菌は感染症の一種」でかすので「回し飲み、回し食い、箸の使いまわし、くしゃみ」などでも感染する可能性があります。

たとえば、生活を共にするご家族間でも感染してししまうため「お母さんが赤ちゃんへ口うつしで食べ物を与える」と、無菌だった赤ちゃんの口中に歯周病菌が潜在してしまいます。

歯周病の治療後でも、ご自宅などでの日々のケアを心がけましょう。歯みがきの磨き残しなどがあると、歯垢(しこう)から歯石となり歯周病菌が再び感染する可能性が増大します。

お口の中を良い状態で維持していくためも定期的な検診をおすすめします。