はつかわ歯科 矯正歯科クリニック

ご予約は:048-749-1864キッズスペースと個室完備! / さいたま市緑区美園6-9-19

インプラント矯正Information

矯正イメージ 一般的な矯正治療は、ワイヤーで繋がった"歯と歯"が、お互いに引っ張り合うことによって移動し歯並びが整っていきます。

インプラント矯正」は、歯を人工歯根(インプラント)で引っ張り移動させていくという方法です。

この治療法は歯科インプラントの技術を応用したものですが、使用するインプラントは矯正治療専用のものを使います。

この方法だと歯がスムーズに動いてくれるので、通常2~3年かかる矯正期間が半分くらいまで短縮可能です。
また、抜歯も最小限に抑えることができます。



インプラント矯正のしくみ

インプラント矯正 一般的にインプラントと言えば、歯が抜けた場所にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法です。
矯正治療で使用するインプラントは、前述の歯材用のインプラントとは目的がまったく異なり、矯正用インプラントは直径1~2mm/長さ6~10mm前後の小さなスクリュー状のものです。



インプラント矯正のながれ

インプラント矯正 埋入手術は、麻酔をしてから歯と歯の間の骨にインプラントを3mm~4mm程度の深さに埋入します。
*太い血管や神経など重要な組織を避けて安全に埋め込みます。

手術は1本ですと15~25分程度で手術中の痛みはほとんどありません。

症例により治療期間は通常の矯正治療より約3~5割ほど短くなります。

インプラント矯正では、目的の歯を目的の所に移動させるための固定源として使用するため、治療終了後にはインプラントを除去します。



インプラント矯正のメリット/デメリット

インプラント矯正  メリット
*矯正治療期間が短くなる可能性が高い
*歯を抜かずに済む場合が増える
*他の複数の矯正装置を減らせる
*以前は入院しての外科手術だった治療が回避できるようになってきた


 デメリット
*矯正用インプラントを埋入するための手術が必要
*術後はインプラントの周りを清潔にしていないと感染する可能性がある